ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

Rainbow / Long Live Rock 'n' Roll バビロンの城門

鬼神に迫る

 リッチー、ロニー、コージーの三頭体制の2枚目。
 名盤で圧倒的なキラーチューンが2曲入っている。

 1曲目はKill The King。様式美的なイントロのコード進行に載るギターの練習フレーズ的なリフ。ブロークンコードの走りでスピード感あるプレーがカッコ良い。
 バッキングは単調な8ビートですがそれに載るロニーのヴォーカルがテンション高い。
 コージーパウエルはハイハットに特徴がある。どの曲を聴いてもそれとわかる特徴のある音。サビのキメフレーズがカッコ良い。

 キラーチューンの2曲目は言うまでもなくGates of Babylon。録音に半年をかけたとか聴いたことがありますが、録音からわかる高いテンション。間奏から後半の演奏が感動するレベル。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー