Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Rainbow / Long Live Rock 'n' Roll バビロンの城門

鬼神に迫る

 リッチー、ロニー、コージーの三頭体制の2枚目。
 名盤で圧倒的なキラーチューンが2曲入っている。

 1曲目はKill The King。様式美的なイントロのコード進行に載るギターの練習フレーズ的なリフ。ブロークンコードの走りでスピード感あるプレーがカッコ良い。
 バッキングは単調な8ビートですがそれに載るロニーのヴォーカルがテンション高い。
 コージーパウエルはハイハットに特徴がある。どの曲を聴いてもそれとわかる特徴のある音。サビのキメフレーズがカッコ良い。

 キラーチューンの2曲目は言うまでもなくGates of Babylon。録音に半年をかけたとか聴いたことがありますが、録音からわかる高いテンション。間奏から後半の演奏が感動するレベル。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー