JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Rainbow / Difficult to Cure ちょっと地味な

ヴォーカル交代

 大きな話題はヴォーカルがジョーリンターナーに交代したことでしょうか。
 ただ途中交代で作曲にはあまり関わっていないようでちょっと合わない歌い回しな感じもあります。他人の曲を歌ったような。
 タイトル曲のI Surrenderもそうなのですが悪くないのですがイマイチヴォーカルの盛り上げが足りていないというか・・・。

 ジョーリンターナーの歌い方はそれまでの2人と異なり隙間で合いの手を入れます。 
 Can't Happen Hereとかでも「フゥ」とか「ホウゥ」とか。
 この辺りは評価が分かれるところかと思いますが、前向きに捉えると古典的なハードロックからポップな感じ、アメリカ的な感じに路線変更になったのかなとも思います。

 このアルバムのツアーを最後にドンエイリーが脱退したのは残念。ドンエイリーといえはこの手のアルバムでは名脇役的な感じで良かったのですが。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ