Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Rainbow / Difficult to Cure ちょっと地味な

ヴォーカル交代

 大きな話題はヴォーカルがジョーリンターナーに交代したことでしょうか。
 ただ途中交代で作曲にはあまり関わっていないようでちょっと合わない歌い回しな感じもあります。他人の曲を歌ったような。
 タイトル曲のI Surrenderもそうなのですが悪くないのですがイマイチヴォーカルの盛り上げが足りていないというか・・・。

 ジョーリンターナーの歌い方はそれまでの2人と異なり隙間で合いの手を入れます。 
 Can't Happen Hereとかでも「フゥ」とか「ホウゥ」とか。
 この辺りは評価が分かれるところかと思いますが、前向きに捉えると古典的なハードロックからポップな感じ、アメリカ的な感じに路線変更になったのかなとも思います。

 このアルバムのツアーを最後にドンエイリーが脱退したのは残念。ドンエイリーといえはこの手のアルバムでは名脇役的な感じで良かったのですが。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー