Eric Clapton / August 引き続きポップ

イメージ
1986年 Behind The Sunに続くポップ路線。派手なキーボードやホーンが目立つ感じ。やはり豪華で厚みがある音の中で全体的にはギターよりもヴォーカルに焦点が当たっている感じ。その中でも4曲目のBad Influenceのようなブルーズのカバーがあったりと軸足は動かしていないことを主張しているのも面白い。

筋肉少女帯 / SISTER STRAWBERRY ファーストの雰囲気のままに

ファーストの雰囲気のままに

 なんというか1つの完成形かと。
 パワーのあるリズム隊に美しいピアノ。それにコミック的だったり江戸川乱歩的だったりのアングラな雰囲気というかインディーズな雰囲気というか、決してメジャーな感じではないのですが。

 捨て曲はないのですが、2曲目のキノコパワーはギターとピアノを両方聞くと毒キノコ的な中毒感がありますし、ラストのいくじなしは小さい子屋の売れない劇団の演劇を見終わったような脱力感があります。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー