Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Ritchie Blackmore's Rainbow 銀嶺の覇者 実験的名盤

ご存知の名盤

 パープルを抜けたリッチーがやりたかったことは何なのか。8ビートでブルージーな感じ。ここにねちっこいDioの歌が乗るのが良い感じですが、実験的な雰囲気もあったりバンドとしての一体感は薄い感じ。

 ただロニーの歌は最高にカッコ良い。1曲目の銀嶺の覇者はさすがの表現力。ロニー以外だったらここまで耳に残らなかったのではと思います。
 全体的にギターは目立たないのですが、Catch The Rainbowは良い音してます。ジミヘンのパクリなど言われますが(まあそれはわかりますが)、シングルコイルのギターの良い音鳴らしています。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー