Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Ritchie Blackmore's Rainbow 銀嶺の覇者 実験的名盤

ご存知の名盤

 パープルを抜けたリッチーがやりたかったことは何なのか。8ビートでブルージーな感じ。ここにねちっこいDioの歌が乗るのが良い感じですが、実験的な雰囲気もあったりバンドとしての一体感は薄い感じ。

 ただロニーの歌は最高にカッコ良い。1曲目の銀嶺の覇者はさすがの表現力。ロニー以外だったらここまで耳に残らなかったのではと思います。
 全体的にギターは目立たないのですが、Catch The Rainbowは良い音してます。ジミヘンのパクリなど言われますが(まあそれはわかりますが)、シングルコイルのギターの良い音鳴らしています。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー