Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


T.REX / Electric Warrior エレクトリック

電化

 ファーストがアコースティックからエレクトリックへの移行期的な感じだったのでセカンドはエレクトリック。
 ジャケットがカッコ良い。そして邦題が電気の武者。これもカッコ良い。これら含めて名盤。

 音は独特。うまいのか下手なのかわからないギターにやる気のなさそうなヴォーカル。このだるそうな感じがサイケデリック感というか浮遊感が出ていてT.REXの音になっていると思います。

 1曲目のManbo Sunは同じフレーズのメロディを繰り返しているだけ。それなのにカッコ良い。
 3曲目のJeepsterはギターのリフとベースが絡み合って進行。痛快な曲。いうまでもなくGet it onも名曲。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー