The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

T.REX / Electric Warrior エレクトリック

電化

 ファーストがアコースティックからエレクトリックへの移行期的な感じだったのでセカンドはエレクトリック。
 ジャケットがカッコ良い。そして邦題が電気の武者。これもカッコ良い。これら含めて名盤。

 音は独特。うまいのか下手なのかわからないギターにやる気のなさそうなヴォーカル。このだるそうな感じがサイケデリック感というか浮遊感が出ていてT.REXの音になっていると思います。

 1曲目のManbo Sunは同じフレーズのメロディを繰り返しているだけ。それなのにカッコ良い。
 3曲目のJeepsterはギターのリフとベースが絡み合って進行。痛快な曲。いうまでもなくGet it onも名曲。




コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー