The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Rainbow / Rising ロニーの歌

ロニーの歌

 個人的にはこのアルバムはロニーの歌を聴くためのアルバムだと。

 6曲しか入っていないアルバムですが内容が濃い。
 1曲目のTarot Womanから唸るヴォーカルがカッコ良い。
 中盤引っ張って
 最後の2曲で上がる。

 最後の2曲の盛り上がりは、ロニー、リッチー、コージーの三人の賜物かと。よく聴くとコージーパウエルのテンションの高いドラムが異常な存在感なのですが、それに負けないロニーのヴォーカルってのがすごい。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー