Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Pantera / FAR BEYOND DRIVEN さらに過激に

全米1位

 メジャー3枚目。
 前作のへヴィーさをさらに過激にして全米1位。
 個人的にはミドルテンポが多くてちょっと息苦しい感じもします。前作がバランスも良くて良いアルバムで、あえて息がつまる感じに振ったようにも思えます。

 キラーは4曲目のI'm Brokenでしょうか。粘着感のあるリフが癖になる感じ。リズム隊のうねるグルーヴが象徴的。

 ラストのPlanet Caravanはブラックサバスのカバー。原曲をほぼそのままに自分たちのルーツを演奏しているよう。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー