Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

筋肉少女帯 / 仏陀L ジャズフュージョン的

ジャズ的、フュージョン的

 筋肉少女帯のメジャーデビューアルバム。
 ハードロックというよりはジャス的というかフュージョン的な感じで独特な音楽が。

 耳に残るのはピアノの音。ハードロックというかパンクというかどちらかというと雑な雰囲気の中に美しいピアノが載るというのはなかなか他にはない雰囲気。

 1曲目のモーレツア太郎からパワーがあります。ロック的なリズム隊の上にピアノを引きまくり。

 独特な浮遊感のある音ともマッチした独自の文学的な歌詞も相まってカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー