Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Rainbow / Down to Earth 血管切れそうなヴォーカル

ガラッと異なる

 ヴォーカルがねっちっこいロニーからハイトーンで怒鳴る系のグラハムに。
 コージーパウエルは変わらず。

 これまでの中世的、ドラクエ的な様式美からアメリカ的なポップ路線になったのでこれまでのRainbowが好きな人にはちょっと違和感あった感じ。
 1曲目のAll Night Longからわかりやすいイントロリフとそれとユニゾン的な歌メロ。

 このメンバーでは1枚切りですが、そのほかの曲も耳に残る曲も多くポップなSince You Been GoneとかStergazer的なEyes of The World。スピードチューンのLost in Hollywoodなどバラエティ豊か。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー