JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Rainbow / Down to Earth 血管切れそうなヴォーカル

ガラッと異なる

 ヴォーカルがねっちっこいロニーからハイトーンで怒鳴る系のグラハムに。
 コージーパウエルは変わらず。

 これまでの中世的、ドラクエ的な様式美からアメリカ的なポップ路線になったのでこれまでのRainbowが好きな人にはちょっと違和感あった感じ。
 1曲目のAll Night Longからわかりやすいイントロリフとそれとユニゾン的な歌メロ。

 このメンバーでは1枚切りですが、そのほかの曲も耳に残る曲も多くポップなSince You Been GoneとかStergazer的なEyes of The World。スピードチューンのLost in Hollywoodなどバラエティ豊か。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利