2017年12月10日日曜日

Rainbow / Stranger in us All 孤高のストレンジャー

邦題の通り

 孤高な感じのするアルバム。
 再結成としてのアルバムですが、クレジットが「Ritchie Blackmore's」という通りソロアルバム的な雰囲気でバンドとしてのまとまりはいまいちな感じもします。

 ただその分リッチー的な押し出しは強くギターが前に出ています。
 
 1曲目のWolf of The Moonからリッチー的なギター。イントロの単音リフなんていかにもレインボー的な音使い。
 リフはマイナーキーですが歌が入ってメジャーキーになるのが曲作りの妙。ジョーリンターナーが歌っていた時代にポップな雰囲気も感じます。


0 件のコメント:

コメントを投稿