LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


LOUDNESS / TERROR 〜剥離〜 コンセプトアルバム的

コンセプト的なまとまり

 前作はバランスの良い感じの楽曲で聴きやすい感じのアルバムにまとまっていましたが、今回はコンセプトアルバム的にBlack Sabbath的な雰囲気でまとめています。
 このアルバムはギターリフを聞くべきでしょうか。ラウドネスというとテクニカルなギターソロばかりに耳が行きますが、本質はバッキングの上手さかなと思います。まさにBlack Sabbath的なリフで世界観を表現して行く感じ。
 ちなみのジャケットはKing Crimsonのあのアルバムを意識した感じでしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利