Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

LOUDNESS / ON THE PROWL 半分リメイクのアルバム

半分リメイクといえど

 聞き応えのあるアルバム。前作で加入したマイクヴェゼーラのアクのないハイトーンを活かすような曲。ギターもトレブリーで攻撃的な音で前乗り。グイグイきます。
 後半のTake it or Leave it、Girl、Sleepless Nightなど前乗りのドライブ感の強い曲をリメイクしているあたりがヴォーカルのハイトーンの合わさってカッコ良い。Thunder in The East以降のギターは、トレブリーな音色もあってとにかく正確でテクニカルなプレー。このアルバムくらいがピークでしょうか。次のアルバムからは良い意味でルーズな弾き方に変わったように思います。特に9曲目 In The Mirrorのソロのタッピングはその最高峰でしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー