Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

BAHO / HAPPNINGS ルーズな感じが楽しい

スペシャルユニット

 CHARと石田長生のユニット。BAHOって名前がバカとアホの掛け合わせってのが面白い。音自体は94年のライブ音源ですがルーズな感じが前面に出ていて聞いていて楽しい。
 エレキではなくアコースティックギター2人で出す音はまたバンドとは違って全体的にゆるい感じ。この辺り、特に名曲カバーなどがアコースティックアレンジのお手本のような感じ。
 ダイヤモンドヘッドとかTime After Timeとか。特にTime After Timeは金子マリをヴォーカルに据えてシンディローパーとは違う柔らかな感じになっています。



 

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー