Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

LOUDNESS / BIOSPHERE 〜新世界〜 復活3枚目

復活3枚目

 復活3枚目ですがジャケットからちょっと色々と心配になる雰囲気。この頃のラウドネスは全体的に音がこもり気味で抜けが悪い感じがしますが、メンバー全員で作曲しているだけあって幅広いアプローチがあり楽しめる作品。
 1曲目のHellRiderではおきまりの疾走感がありますし7曲目のThe Night is Still Youngではメロディアスで歌いたくなるようなヴォーカルライン。10曲目のSo Beautifulは貫禄あるバラード。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー