Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

LOUDNESS / SOLDIER OF FORTUNE これは賛否が分かれるか

ヴォーカル交代

 このアルバムの1番の話題はヴォーカルが変更でしょうか。俗にいうと第二期ラウドネスというもので、ヴォーカルが二井原からマイクヴェゼーラに交代。暑苦しい感じのヴォーカルからスッキリ癖のないハイトーンに変わることで印象がだいぶ変わります。
 ヴォーカルの声質に合わせてか楽器の音もトレブリーで攻撃的、速く、スリリングに攻めてくる感じに変わっています。このスリリングな感じが好きな人とダメな人とに分かれる作品。1曲目のSOLDIER OF FORTUNEから疾走系のスリリングな展開。特にギターソロの両手タッピングはサーカスの曲芸を見ているよう。トリッキーな曲芸で話題を集めようと無理やり入れたような感じがあまり好きではありませんが、このテクニカルな感じは目をひく。この曲はイントロのリフがギター1人。この手のリズムできっちりタイム感を持って弾くってのが結構難しい。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー