Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

LOUDNESS / DRAGON インド2作目

勢いあります

 インド2作目なのですが、1作目のGHETTO MACHINEよりも勢いがあります。1作目のミドルに集めたフロントピックアップのミュートをしない単音リフにエンジンかけたような感じ。
 1曲目の9 MILES HIGHからエネルギー溢れる感じ。イントロのワウが良かったり中盤のテンポが半分になるあたりがカッコ良い。
 耳を引くのはMASAKIのヴォーカル。よくこのリフに歌を乗せられるなと。
 この勢いが前半続き、後半はちょっと実験的な感じに。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー