Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


LOUDNESS / BREAKING THE TABOO 昔ながら

昔ながら

 最初に聞いた時に、昔ながらのラウドネスだと思ったアルバム。インド期以降はローダウンチューニングだったりヘヴィネスだったり第1期ラウドネスとは異なるテイストがふんだんに入っていました。それはそれでカッコ良く新たしいラウドネスの音だとは思いますが、それがこのアルバムを聴いた時にふと第1期ラウドネスを思い出す。具体的にどこではないですがなんとなく全体の雰囲気として。
 ギターのリフが楽しい。まさにリフメーカーとして各曲凝ったリフが出てきますが残念ながらヴォーカルが引っ込み気味。せっかくリフに絡むヴォーカルラインなのに。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー