LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


LOUDNESS / BREAKING THE TABOO 昔ながら

昔ながら

 最初に聞いた時に、昔ながらのラウドネスだと思ったアルバム。インド期以降はローダウンチューニングだったりヘヴィネスだったり第1期ラウドネスとは異なるテイストがふんだんに入っていました。それはそれでカッコ良く新たしいラウドネスの音だとは思いますが、それがこのアルバムを聴いた時にふと第1期ラウドネスを思い出す。具体的にどこではないですがなんとなく全体の雰囲気として。
 ギターのリフが楽しい。まさにリフメーカーとして各曲凝ったリフが出てきますが残念ながらヴォーカルが引っ込み気味。せっかくリフに絡むヴォーカルラインなのに。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利