2017年7月6日木曜日

LOUDNESS / GHETTO MACHINE 仏陀ロック

仏陀ロック

 最初に聞いた時にはラウドネスだとは思えませんでした。
 前作のHEAVY METAL HIPPIESの路線をさらにヘヴィーにした感じ。肝はリズム隊の重さでしょうか。ギターはミドルに集中していてチューブスクリーマーを入れたような音。特にフロントのシングルコイルのような音がします。3期までのギターとの違いはブリッジミュートをしない単音リフ。これが耳に残りますしそれまでのラウドネスの音と違うと思う点でしょうか。
 1曲目のGHETTO MACHINEから1回で聞いて耳に残るキラーチューンではないのですが、聴きこむと染み付く曲。


0 件のコメント:

コメントを投稿