Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

LOUDNESS / GHETTO MACHINE 仏陀ロック

仏陀ロック

 最初に聞いた時にはラウドネスだとは思えませんでした。
 前作のHEAVY METAL HIPPIESの路線をさらにヘヴィーにした感じ。肝はリズム隊の重さでしょうか。ギターはミドルに集中していてチューブスクリーマーを入れたような音。特にフロントのシングルコイルのような音がします。3期までのギターとの違いはブリッジミュートをしない単音リフ。これが耳に残りますしそれまでのラウドネスの音と違うと思う点でしょうか。
 1曲目のGHETTO MACHINEから1回で聞いて耳に残るキラーチューンではないのですが、聴きこむと染み付く曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー