The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

LOUDNESS / GHETTO MACHINE 仏陀ロック

仏陀ロック

 最初に聞いた時にはラウドネスだとは思えませんでした。
 前作のHEAVY METAL HIPPIESの路線をさらにヘヴィーにした感じ。肝はリズム隊の重さでしょうか。ギターはミドルに集中していてチューブスクリーマーを入れたような音。特にフロントのシングルコイルのような音がします。3期までのギターとの違いはブリッジミュートをしない単音リフ。これが耳に残りますしそれまでのラウドネスの音と違うと思う点でしょうか。
 1曲目のGHETTO MACHINEから1回で聞いて耳に残るキラーチューンではないのですが、聴きこむと染み付く曲。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー