Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

LOUDNESS / HEAVY METAL HIPPIES 低音のうねり

うねる感じ

 第1期ラウドネスにあった疾走感とか軽快感とかはありません。ヘヴィーでうねる独特な世界観を出した1枚。ギターやヴォーカルは前作のLOUDNESSに近いと思いますが、大きな違いはベースでしょうか。ヘヴィーだけどグイグイくる休符を上手く使ったベースがなくなりとにかくうねりを最優先したベース。1曲目のHowling Rainから怪しさがあるブラックサバス的な感じ。初回は?と思うかもですが何度か聴くうちにとりつかれる感じが出てきます。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー