Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

WIG WAM / WALLSTREET ちょっと消化不良?

方向が変わった気がします

 WIGWAMの4枚目。これまでのアメリカンなバカっぽさとかパーティーな感じが減ってダークな感じというか欧州風な湿り気のある雰囲気が増えました。
 1st、2ndのようなメジャーキー多めのキャッチーで鼻歌が出る的なものを求めていた方は少し印象が変わるかもしれません。

 全体の印象は大きく変わりますがクオリティ的には問題なく、いつものキャッチーなメロディも聞けますし、曲調もよく言えば単調な一直線ではなく1段高い目線で見下ろして幅広い観点で作ったとも言えますし。1曲目のWall Streetなんかは出だしこそ暗い感じもありますがサビではWIG WAMらしく盛り上がる感じですし、ヘビーなベースで引っ張って美コーラスへ展開する2曲目のOmg!などよく練られた展開なども聴きどころも多くあります。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー