ANGRA / Holy Land クラシカルが減る

イメージ
ANGRAのセカンド。ファーストの完成度が非常に高いので多少地味な感じもあります。印象としてはファーストの ジャーマンメタル+クラシカル、な感じが薄くなり南米的なリズムが増えている感じ。
 4曲目のCarolina IVや5曲目のHoly landなど民俗音楽的な雰囲気が印象的。メタルな雰囲気とは違いますが、違和感なく溶け込んでいる感じが流石。
 ANGRAらしいのは8曲目のZ.I.T.O.でしょうか。流石キコルーレイロな感じのスピードメタル。

BBM / Around Next Dream 現代版クリーム

わかりやすいスーパーバンド

 94年のアルバム。ゲイリームーア、ジャックブルース、ジンジャーベイカーのトリオ。3人の頭文字を持ってBBM。見ての通りクリームの2人とゲイリームーアなのでバンドの土台がクリームで自由に弾くのがエリッククラプトンからゲイリームーアに変わったと。

 曲自体はクリーム風の割とシンプルな構成で、しっかりとしたリズム隊。どうしてもクリームと比較してしまうと、クリームよりは落ち着いた感じ。ドラムの手数やベースのおかずも落ち着いています。なんというかクリームはドタバタ感があってそれが良かったのですがこちらはその辺りがなく平和な感じ。
 ジャックブルースの歌は変わらず。

 上に乗るギターは汗臭く粘っこいプレー。ゲイリームーアがとにかく引っ張って古き良き懐かしい音を聴かせる。

 ゲイリームーアはクリームを意識しているのかしていないのか、1曲目のWaiting in The WingsではWhiteRoomを思い出すような出だし。Whiteroomのギターソロを思い出すようなワウのフレーズが聞けます。続く2曲目のCity Of Goldもどことなくクリーム風。
 こんな感じで一気に聞き終わる感じの名盤。これ1枚のみで企画バンド的に終わったのが残念。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー