JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Hughes Turner Project / HTP2 ちょっと落ち着いた感じ

個人的には

 ファーストだけで終わった方が良かったかなと。
 2003年のグレンヒューズとジョーリンターナーの2枚看板のセカンド。ファーストはRainbowスタイルのオールドHRな感じでグイグイ押してくる感じがあったのですが、今回はちょっと落ち着いた感じ。前作はツインヴォーカルな感じでお互いに引っ張り合ってテンションを上げ合っていた感じから今作は別の方向を向いているような感じ。
 もちろん圧倒的に歌がうまく表現力があるのでそれぞれのソロアルバムが1枚で聴けると思えば良いかと。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利