Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

SKID ROW / B-side Ourselves ミニアルバムだけど

聞き応えあります。

 ミニアルバムかつカバー曲。

 ヴォーカルが脂の乗り切ったというか、自分の特徴やポイントを掴んで強みを発揮できているような感じ。とにかく聞き応えがあります。

 Judas PriestのカバーDelivering The Goodsではロブハルフォードと一緒に歌っていますが、メタルゴッドになりきっています。
 
 個人的にはJimi HendrixのLittle Wing。この曲は色んなところにカバーがありますが、1番かな。伸びやなサステインの効いた歌がとにかく素晴らしい。

 ミニアルバムなのに聞き応えが。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー