Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Beck Bogert & Appice / Beck Bogert & Appice ごまかしのないトリオ

ごまかしのないトリオの音

 73年のアルバム。トリオでごまかしのない音。バンドとしてのテクニックが高いというかアンサンブルとか音の隙間とかとてもカッコ良い。この辺りはメタル系にはなかなかない感じのフュージョンとかジャズとかそれ系のアンサンブルでしょうか。

 カーマインアピスとティムボガートの強力なリズム隊に負けじと対峙するジェフベックが印象的でしょうか。ぱっと聞いたときには年代的に流行りもあってかLed Zeppelin風な感じに聞こえましたが、聴き込むとジェフベックらしいフレーズ。ジェフベックはピッキングに特徴があってとても繊細な音の出し方というか使い分けを行っているのがよく聞こえます。

 曲的には2曲目のLadyが印象的。とにかくリズム隊がすごい。これはリズム隊だけでご飯が食べられる感じでしょうか。暴走気味のベースに手数の多いドラムがピシッと決まるのがカッコ良い。
 あとは4曲目のSuperstitionでしょうか。スティービーワンダーの方がメジャーですがロックな雰囲気のこの曲もなかなかカッコ良い。完全に歌ものですが各楽器がこだわりを持ってプレーしているのがわかります。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー