Jim Dunlop SUPERLUBE GEL PEN レビュー

イメージ
ギターのナット部分でチューニングがずれてくるのはわかっていたので、ナットの滑りを良くする潤滑剤を買ってみた。

 楽器屋を探して売っていたのはコレ。

 Jim DunlopのSUPERLUBE GEL PENというもの。  事前にネットで調べた製品はなく、どの店に行ってもこの製品ばかり。
 ペンのようになっていて、ペン先部分がシリコンのヘラのような形状。先から潤滑剤が出てくるのでそのペン先で塗って行けると。
 実際試したところ、平面なものに塗るのは良い感じの形状ですが、非常に柔らかいので細かいところに塗るのは不便かな。ナットの溝など細かいところに塗る場合にはペン先から出る潤滑剤を爪楊枝のようなものですくって塗るというのが良いかも。
 触った感じはサラサラで確かに滑るが良くなる感じ。
 塗ったすぐ後試してみましたが、チューニングの安定性は多少良くなった気もしますが・・・もっと安定するかどうかは安定するかどうかは馴染ませて置いておいてかな。



WIG WAM / Hard to Be a Rock N' Roller 見た目が大事

見た目が大事

 見た目は色物的ですが中身は本物。ノルウェーの国民的HRバンドWIG WAMの2005年のファーストアルバム。メンバーは詳しく知りませんがそれなりにベテランの様子。

 初めて知ったののが当時新宿のディスクユニオンの出入り口のところにポスターが貼ってあり、店を出ようとすると必ず目に入る感じでした。とにかく見た目が気になるというか、見てはいけないものと思いつつもどうしても見たくなるような・・・・。
 とにかく見た目が気になりネットで調べて結局CDを買ったわけです。
 
 見た目が80年代のLAメタルというか派手な感じで音も80年代。しかし見た目ほどのバカっぽいパーティーな感じではなく、いたって真面目なメロディアスHR。
 見た目からは想像できないような良いメロディと美しいハーモニー。素直に鼻歌が出てしまうようなアクのない感じ。

 1曲目のIn My Dreamsなんてまさにキラーチューン。昔のBon Joviとかが好きな方は気にいる1曲。ノリノリの曲からメロディアスなバラードなど広く取り揃えつつ、ギタ−1本のインストもあり。アルバム最後のジンギスカンのカバーがバカっぽくて好き。

 あまりメジャーでないかもしれませんが、是非聞いておくべき1枚。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足