JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Steel Panther / All You Can Eat ぶれない感じ

ブレない感じの期待どおり

 ベテランメンバーのコピーバンドが大きく影響を受けた(笑)パロディ曲を作り、時代錯誤な見た目でバカバカしいけど本気な安定したプレーで人気者らしいバンド。サードアルバムもブレない。
 1stにあったようなパクリ感は今回もなく、セカンドのような良い音を聞かせます。少し変化があるとすれば、アコースティックギターをうまく使って変化を出したりなど、構成や全体の音作りに知性が出てきた感じです。
 変わらないのはパーティロックなIQ低い感じの勢い、それにバカバカしい歌。どの曲も鼻歌になりそうなキャッチーなサビを備えています。

 1曲目はクラシカルなアコースティックギターにメタリックなリフが切り込んできますし2曲目はIQ低そうな掛け声でテンション上がります。

 楽しく聴けるアルバム。



コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利