Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Steel Panther / All You Can Eat ぶれない感じ

ブレない感じの期待どおり

 ベテランメンバーのコピーバンドが大きく影響を受けた(笑)パロディ曲を作り、時代錯誤な見た目でバカバカしいけど本気な安定したプレーで人気者らしいバンド。サードアルバムもブレない。
 1stにあったようなパクリ感は今回もなく、セカンドのような良い音を聞かせます。少し変化があるとすれば、アコースティックギターをうまく使って変化を出したりなど、構成や全体の音作りに知性が出てきた感じです。
 変わらないのはパーティロックなIQ低い感じの勢い、それにバカバカしい歌。どの曲も鼻歌になりそうなキャッチーなサビを備えています。

 1曲目はクラシカルなアコースティックギターにメタリックなリフが切り込んできますし2曲目はIQ低そうな掛け声でテンション上がります。

 楽しく聴けるアルバム。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー