Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Damn Yankees / Don't Tread 生身感のある産業ロック

同時代には

 スーパーバンドが幾つかあったような気がします。Damn YankeesもそうですしHSASとかBad Englishとか。どのバンドも素晴らしいのですがDamn Yankeesはアメリカンなパーティーな感じが特に強い感じ。TOTOとか産業ロックと呼ばれるジャンルもある意味似ているのかもですが、産業ロックよりはもっと抑揚、人間っぽ生身感があります。

 セカンドはファーストと方向性変わらずにヴォーカルの押し出し感があるアメリカンロック。

 楽曲的には3曲目のWhere You Goin' Nowや6曲目のSilence is Brokenなんかが良い線でしょうか。1曲目のDon't Tread on MeなんかはB'zの某曲が影響を受けた(笑)とか話題になっている曲です。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー