Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Damn Yankees / Don't Tread 生身感のある産業ロック

同時代には

 スーパーバンドが幾つかあったような気がします。Damn YankeesもそうですしHSASとかBad Englishとか。どのバンドも素晴らしいのですがDamn Yankeesはアメリカンなパーティーな感じが特に強い感じ。TOTOとか産業ロックと呼ばれるジャンルもある意味似ているのかもですが、産業ロックよりはもっと抑揚、人間っぽ生身感があります。

 セカンドはファーストと方向性変わらずにヴォーカルの押し出し感があるアメリカンロック。

 楽曲的には3曲目のWhere You Goin' Nowや6曲目のSilence is Brokenなんかが良い線でしょうか。1曲目のDon't Tread on MeなんかはB'zの某曲が影響を受けた(笑)とか話題になっている曲です。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー