Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

ZZ Top / Degüello 皆殺しの挽歌

 曲が多彩ながらも直系のブルーズな感じのアルバム。邦題が適切なのかは分かりませんがテキサスブルーズな感じが満載。
 自然に大きく体が動くようなリズムが中心でシンプルで骨太な音なのですが、2曲目のShe Loves My Automobileではサックスが入っており新しい雰囲気。
 4曲目のA Fool For Your Stockingはテキサスな感じの渋い感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー