GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

Judas Priest / BRITISH STEEL 攻撃的なリフが印象的

 前作に続きメタルゴッドなアルバム。サビの共通した雰囲気として、印象的なギターリフの上に淡々としたヴォーカルが乗るのが特徴のように思います。そしてそれが無言の圧力的な雰囲気でカッコ良い。特にこのアルバムはシンプルな曲が多いので特にリフの鋭さや雰囲気のかっこよさが目立ちます。
 特に1曲目のBreaking The Law。イントロのリフも印象的ですが、サビのカッコ良さが特に良い。淡々としてあヴォーカルの合間に入るギターが全体の雰囲気を絞めてかっちりとした枠を作っている感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー