Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

ZZ Top / Antenna モーターヘッドに近いかも

 テクノな感じからストレートな雰囲気に戻りつつある音。コミカルなジャケットとは異なりストレートなブルーズハードロックな雰囲気が戻ってきていて、以外にモーターヘッドとかAC/DCなんかに近い雰囲気だなと思います。
 アルバム最初のPincushionは枯れた声の渋い曲。Fuzzbox Voodooはシンプルなリズムでgルーヴィーな感じ。Cover Your Rigはトリオらしい渋いスローブルーズ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー