Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Judas Priest / STAINED CLASS メタルゴッド

 Judas Priest の4枚目アルバム。このアルバムあたりからメタルゴット的な雰囲気が出てきます。曲調も初期のプログレ的なものがすっかりなくなりメタル的なリフやドラマチックな展開が出てきます。
 スピード感のある1曲目のExciterはハイトーンヴォイスが印象的。タイトル曲のSTAINED CLASSはギターのリフとソロがカッコ良いJudas Priestっぽい感じ。
 キラーは名メタルバラードのBeyond The Realms of Death。1分以上あるギターソロが泣ける名演に静から動へと変わる展開がカッコ良い。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー