Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Judas Priest / DEFENDERS OF THE FAITH ジューダスらしい

 前作でのメタル様式美を引き継ぎつつ、初期のジューダスプリーストらしさも出た1枚。
 前作のメタル的な良さが出ていて、さらに初期のジューダスらしさも復活した感じ。
 1曲目のFreewheel Burningから疾走系のアップテンポにツインギターを生かしたギターソロ。完全にメタル様式美な感じ。そこにハイトーンで早口のヴォーカルが乗って、このアルバムの完成。

 ジャケットがダサくても良いです。中身はカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー