Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Judas Priest / POINT OF ENTRY ちょっと地味な感じ?

 前作2枚のメタルゴッド的な鋼鉄アルバムと比べるとちょっと雰囲気が変わって商業的になった感じもあります。
 1曲目のHeading out The Highwayはアメリカ的というかポップでメジャーな印象の曲ですが、コンパクトにまとまったギターソロなどカッコ良い点も多い。
 3曲目のHot Rockinも同様にコンパクトにまとまった良曲。縦ノリのミドルテンポで体が動いてしまう雰囲気。ギターソロのピッキングハーモニクスがカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー