Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Judas Priest / RAM IT DOWN キラキラした雰囲気

 前作のシンセサウンドの傾向そのままにキラキラした雰囲気が出ているアルバム。普通のギターの音もそれに合わせてエフェクトがかかった感じ。
 楽曲的にはキラーチューンがない感じはありますが、まとまった雰囲気がありますし、次作のPainkillerに続く感じのハイスピードチューンなどもあります。
 面白いのは8曲目 Johnny B. Goode。イントロやAメロの合間のリフなどジューダスらしい雰囲気になっていますしサビはこの頃のジューダスらしい壮大な雰囲気。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー