The Beatles / Beatles for Sale 隠れ名盤

イメージ
前作 A Hard Days Nightでは全曲オリジナルだったのが今回はカバー6曲。他のアルバムに比べると地味な感じもありますがこれまでのポップポップした感じからロック的な雰囲気に変化しようとしている名盤。1曲目のNo Replyからロックにありそうな重めで哀愁ある雰囲気。


King Crimson / VROOOM ダブルトリオ

 94年のEP。ダブルトリオってのが話題になりました。音的にはメタルクリムゾン的な音でRedとかその辺りをイメージする音。次のフルアルバムの予告的なEPなので6曲中4曲が次のアルバムに含まれると。でもフルアルバムに含まれていない曲も秀逸。3曲目のCageなんて捨て曲扱いかもしれませんが耳に残る。何か脱出できない恐怖感のようなものを感じる曲。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー