The Beatles / Beatles for Sale 隠れ名盤

イメージ
前作 A Hard Days Nightでは全曲オリジナルだったのが今回はカバー6曲。他のアルバムに比べると地味な感じもありますがこれまでのポップポップした感じからロック的な雰囲気に変化しようとしている名盤。1曲目のNo Replyからロックにありそうな重めで哀愁ある雰囲気。


King Crimson / Beat ポップな音

 80年代のKing Crimsonの音。70年代の音とは明らかに異なる。ポップでメジャーで不安感や恐怖感は薄いと。アルバムとしては地味な感じもありますが良い曲もあります。
 1曲目のNEAL AND JACK MEもカッコ良いですしラスト曲のREQUIEMも悲しげで耳に残る曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー