Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


King Crimson / Red 名盤

 King Crimsonというバンドは不安感とか人間の暗黒面みたいなものを思わせる曲が多いというか上手いと言うか。メタリックな音で狂気な感じを煽っている1曲目 Red。硬質で冷たいトリオの音。不協和音が恐怖感を煽ると。
 キラーチューンはラストのStarless。前半は美しいバラード系な曲かと思いきやKing Crimsonらしく激しい展開。後半は変拍子で狂気な大曲。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー