STEELHEART / STEELHEART 名曲あり

イメージ
時代がちょっと遅かった感じのあるメタルバンド。何よりハイトーンのヴォーカルがカッコ良い感じなのですが、1990年でHR/HMが終焉を迎えていた頃。キラーチューンはShe's Gone。曲調としてはよくあるメタルバラード。イントロのギターが気持ちが良い。より楽曲を完璧にしているのが伸びるようなハイトーンのヴォーカル。なんというかオペラのような発声でこれが気持ちが良い。

King Crimson / Larks' Tongues in Aspic 癖になるリズム

 冒頭のLarks' Tongues in Aspic Part1のパーカッシブで癖になるリズム。これはこのアルバムを聞いた時の最初の印象。その後にヘヴィーなギターリフが入ってドラムとベースのアンサンブルも合流。
 聴きどころはThe Talking DrumからLarks' Tongues in Aspic Part2へのつなぎでしょうか。The Talking Drumの不穏な雰囲気が最高潮に達した時にハードでメタリックなギターが入ってきて変拍子な展開。変拍子と不協和音な構成がさらに不安感を煽る名曲。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

Suhr RIOT mini レビュー