Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Tribute to Jimi Hendrix: Power of Soul 面白いトリビュート

聞いていて面白いトリビュート

 豪華なメンバーのトリビュート。オリジナルを各自の個性でアレンジしている感じが聞いていて楽しい。

 面白いのは6曲目 Earth Wind & FireのVoodoo Child ( Slight Return)。さわやかなコーラスにホーンが入っていかにもEWFな雰囲気。Voodooな感じは全くなく別の曲になっていますが思いもよらないカバー感があって楽しい。

 14曲目のChaka khanのLittle Wingも良い感じに別の曲感があり。高音の伸びるヴォーカルが楽しめる。エモーショナルで少し悲しげな感じが良いアレンジ。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー