GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

RIOT / Rock City 疾走感

疾走感

 RIOTといえば疾走感でしょうか。

 いかにもロック的なアップテンポに日本人ウケするメロディな感じ、そこに起承転結がある感じのわかりやすい構成。
 80年前後って似た音のバンドが多いのでしょうか、NWOBHM的な感じもします。
 
 このアルバムのキラーチューンはWarrior。今聞くと多少古臭い感じもしますが、疾走感・哀愁メロディ・分かりやすい構成と、RIOTをイメージづけた1曲って感じでしょうか。
 今風に言うとメロスピの走りな感じも。
 サビのメロディが印象的でロックアンセム的な中にレスポールの重心低めな音が絡んできます。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー