Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Jimi Hendrix / War Heros 企画盤

死後発表の企画盤

 67年から70年の録音を集めた企画盤。
 ジミヘンは企画盤が多数出ていますので曲は重複しているものも多いです。
 Highway Chileは独特のチャイムのようなギターがイントロのSMASH HITSとか他のベスト盤などにも含まれている名曲。最後のIzabellaは最初に聞いた時にハマった曲。
 このアルバムの一押しとしては3 Little Bears。最初は可愛い感じで始まりますが、徐々にジミヘンな感じに。この曲は他の企画盤にはなかなか入っていない様子。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー