JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


RIOT / ARMY OF ONE 円熟の感じ

脱B級

 RIOTというとちょっとマニア向けというかB級な感じがあったような気がします。
 哀愁、疾走感、分かりやすさが売りなのですが、万人受けではないというか、ロック好きマニア向けのバンドというか。
 しかしこのアルバムでは脱B級になったように思います。

 全体的にスピードチューンが少なくポップな印象がありますが、過去のRIOTの遺伝子は引き継がれていますし、何よりヴォーカルが良くなった感じがあります。
 骨太の楽器隊の上で、存在感あるヴォーカルが締めている感じが出ています。

 どちらかというとヴォーカルの存在感が多少弱かった気もします。ThunderSteelもハイトーンばかりが評判で一本調子の歌にシンガーとしての存在感はそれほど高くなかったような。
 これがこのアルバムのマイクディメオは俄然バンドの顔になった感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利