JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Megadeth / YOUTHANASIA 落ち着いた1枚

安定期

 初期の狂気な雰囲気、Rest in Peace、Countdown to Extinctionの知的な感じ、この流れを経て安定した雰囲気。

 初期の雰囲気を求める人にはちょっと物足りない感じもあるかもです。

 ミドルテンポが中心で、音も鋼鉄感や冷たい感じがなく温かい雰囲気すら感じます。

 2曲目のTrain of ConsequencesはPanteraのようなリフにLAメタル的な歌メロが載った曲。これまでのメガデス的な感じとはちょっと違うかもですがリフがカッコ良い今風メガデスの名曲。

 4曲目のA Tout Le Mondeもスローテンポで昔風メガデスではない曲。ゆったりした横乗りの雰囲気がこれまでにはない一味違った感じに。後半のツインリードも楽曲を締める感じでカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ