Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Megadeth / PEACE SELLS ...BUT WHO'S BUYING?  疾走スラッシュ

疾走系

 このアルバム全体が疾走系。

 複雑に絡み合うギターリフ。疾走系ですが単調ではなくちょっと捻ってあるのがメガデス風。

 1曲目のWAKE UP DEADから凄まじく練られた感じのリフ。これを聞いていてメガデスの特徴だと感じたのがイントロが長い・・・。ただそれを長いと感じさせないリフ展開が素晴らしい。

 5曲目のGOOD MOURNING / BLACK FRIDAYはメガデス風の様式美。冷たい感じのアルペジオからテンポが上がって最後は疾走系。この冷たい金属的なアルペジオもメガデス風な感じ。

 RIOT的なツインギターも良いのですが、メガデス風のツインギターってのも聞き応えがあって良い感じ。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー