Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


Megadeth / CRYPTIC WRITINGS 大衆化した1枚

良い意味で大衆化

 メガデスといえば初期はアングラ、攻撃的、退廃的な感じで決して一般的な感じではない雰囲気(売れている、売れていないではなく)がありましたが、前作、このアルバムくらいから一般化、大衆化したように思います。退廃的な感じや知的なインテクテュアルスラッシュメタルな感じから、普通のメタルに変わっていったというか。。。

 普通のメタル風になったといってもメガデスと言える新しいポイントが出てきているのが素晴らしい。
 1曲目のTrustのイントロ。ドラム、静かに入るベース、そこにギターが入ってくる組み立てが素晴らしくメガデスな感じ。スピード感のある狂気な雰囲気とは違うメガデスらしさを聞けるのは良いアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー