2017年10月31日火曜日

Megadeth / CRYPTIC WRITINGS 大衆化した1枚

良い意味で大衆化

 メガデスといえば初期はアングラ、攻撃的、退廃的な感じで決して一般的な感じではない雰囲気(売れている、売れていないではなく)がありましたが、前作、このアルバムくらいから一般化、大衆化したように思います。退廃的な感じや知的なインテクテュアルスラッシュメタルな感じから、普通のメタルに変わっていったというか。。。

 普通のメタル風になったといってもメガデスと言える新しいポイントが出てきているのが素晴らしい。
 1曲目のTrustのイントロ。ドラム、静かに入るベース、そこにギターが入ってくる組み立てが素晴らしくメガデスな感じ。スピード感のある狂気な雰囲気とは違うメガデスらしさを聞けるのは良いアルバム。


0 件のコメント:

コメントを投稿