Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

RIOT / RESTLESS BREED ヴォーカル交代

ヴォーカル交代

 RIOTの4枚目

 初期RIOTの音が完成した前作に比べると、疾走感や哀愁メロディが多少減っているかなと。

 その一因なのがヴォーカル交代でしょうか。ガイスペランザからレットフォリスターに。
 声質は似ていますが多少ラフな感じに歌うのでパワーメタル感ではなくブルージーな感じに聞こえます。

 ヴォーカルがラフな分ギターが前に出ていて、ギターリフによる攻撃的な感じがよく出ています。
 Hard Lovin' Manはリフが中心、When I was Youngではツインリードが印象的で共にグサグサくる感じ。

 初のバラードがあるのも特筆な点か。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー