GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

RIOT / THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE バランスの良いアルバム

バランスの整った

 ネイティブアメリカンをコンセプトにしたアルバム。

 このアルバムは各曲、それにアルバム全体の構成が素晴らしく最後まで飽きずに聞けるRIOTの疾走感・哀愁・わかりやすさが詰まったアルバム。

 オープニングのGlory Callingはやはり安心感のある疾走系。ハードロックの王道のような感じでグイグイくる感じ。

 その後の哀愁メロディで盛り上げた後にバラードのRAIN。これはRIOTには珍しく?秀逸。あまりバラード系が得意なバンドではないと思われがちですが聴く価値あり。
 SANTA MARIAもスパニッシュな感じを入れつつの叙情的な曲。

 最後の盛り上がりにはHOLY LAND。ストレートな8ビートですがサビのメロディがカッコ良い。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー