GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

RIOT / NARITA ダサいジャケットで話題か?

ジャケット

 ダサいジャケットのランキング的な企画があると、YngwieのTrilogyとともに常連に入るRIOTのセカンド。音はカッコ良いのですが・・・。

 ファーストの疾走感・哀愁メロディ・分かりやすい構成のRIOTなイメージをそのまま継続したセカンド。
 
 キラーチューンはNARITAとROAD RACIN'でしょうか。
 ともに緊張感があります。ドラムの詰め込んだ感じのリズム。一瞬でも迷いがあると崩壊する的な緊張感に綱渡り的なギターが載ると。テクニック的に余裕がある感じでないので余計に出る緊張感でしょうか。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー