Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Trapeze / Trapeze ファンタジックな1枚

5人編成

 グレンヒューズが在籍したということで聞いたアルバム。ヴォーカルとキーボードがいる5人構成。時代的にプログレッシブな感じでファンタジックな内容。
 グレンヒューズから想像されるファンキーなベースはあまりありません。
 対してギターのメルギャレーはカッコ良いですね。派手では無いのですがツボを抑えた感じで曲にマッチしています。

 楽曲は以降のグレンヒューズを想像すると少し物足りないかもしれませんが、アコースティックな雰囲気やポップにいろんな音が入っていたりでロックな感じが少ないかもしれませんが、英国ポップな感じがして良いアルバム。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー