Eric Clapton / Behind The Sun ポップ路線

イメージ
1985年のアルバム。この頃からポップ路線になってくる感じがします。1曲目のShe's Waitingからそれまでのブルーズとか考えられないくらいのポップ。音は厚いし豪華な感じもすると。6曲目のForever Manなんかもそんな感じになっています。フィルコリンズの影響が大きいのでしょう。とても聞きやすくまとめられていて周りが豪華な音のおかげでしゃがれ声のヴォーカルがより一層堪能できる感じ。


Poison / Native Tongue 問題作

カッコ良い。

 発売当時、某Young Guitar誌でも話題になり、奏法解析などがあったと記憶しています。リッチーコッツェンが加入でこれまでのへたっぴな感じとは全く変わっています。
 ある意味問題作なのですが、カッコ良い。上手くなっています。単純なミドルテンポの8ビートだったこれまでから16ビートだったりファンクな感じだったりが入っていて単なるパーティーロックではなくなりました。
 やっぱりリッチーのギターは普通のメタルギタリスト的ではなくフィンガーピッキングやプリング・ハンマリングを多用した独特のプレイで聞きごたえがあります。
 2曲目のThe Screamのイントロからノリノリです。

 これがポイズンかと言われると微妙かと思いますが、メンバーが変わってバンドが良い意味で大きく変わったアルバムかと。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー